確かな知識で不動産経営~知識と経験の活用で不動産王になる~

設計事務所と大工

傾斜がある屋根の家

建築分野における色々な設計の役割を持ちます

日本ではかつては大工の仕事をしている人達などは口伝や技術の伝承と受け継ぎで、設計図などは無く大工職人が自らの技術で建築物を形成してきたりする事が多くを占めました。 ただし、大規模な工事や寺などの建築は、墨や紙を用いた設計図を描いてから建てていたとも言われています。 現代では設計図がまず最初にありきとなっています。 もしくは建築現場の土地の調査があって設計図を描いていくという事になります。 つまり現代では建築分野において設計の分野とは欠かせない要素となっています。 そして現代では建築会社が一から全てを担う事もある会社もありますが、中には別会社との連携という形で建築施行と設計は別とする、建築会社が設計事務所に依頼をする事で役割を分担している形を用いてクライアントの依頼をこなすパターンもあります。

設計事務所の役割とは

設計事務所の仕事の範囲は前述の通り、建築施行の会社とは別の、いわゆる前座を整える役割としての設計を担う立ち居地にあります。 そして設計事務所とは、その役割に特化した立ち居地である様に、建築物の間取りやイメージ図のみを描くのではなく、場合によってはその建物の中の装飾品や小物などのデザインや設計も担う立ち居地である事があります。 例えれば海外のお金持ちが大きな家や豪邸を立てている事がありますが、あの豪邸の中のシャンデリアや壁に備わった小物なども、その種類によっては家具業者などが設置した物と思われがちですが、実際には設計事務所が設計を担いシャンデリアなどの造形やデザインも担当している事が多々あります。 つまり、建築物の設計図のみに限らず、建築分野における関連性の高い設計図も時には描いていくというのが設計事務所のお仕事であり、役割でもあります。